京都、浅草着物レンタルVASARAの着物大事典記事詳細 【倉敷アイビースクエア】倉敷を着物で歩くなら

HOME>着物大事典>きものコラム>【倉敷アイビースクエア】倉敷を着物で歩くなら

着物大事典

きものコラム

【倉敷アイビースクエア】倉敷を着物で歩くなら

倉敷に来たら白壁の前で一枚。 着物と白壁とても似合いますよね。 でも、赤レンガと緑の蔦をバックでの着物姿、袴姿もけっこう映えるかも。 倉敷店から歩いて5分、明治の遺産をそっくり残した赤レンガのホテル。 古い形と新しいこころを持つ倉敷にふさわしい施設として倉敷紡績発祥の工場の 建物を改造活用したホテル、倉敷アイビースクエアへ行って見ませんか。



 



【城山稲荷神社】



倉敷アイビースクエアへ向かう前に、まずは神社にお参りしてから。 ホテル正面の駐車場横に誰が呼んだかアイビー神社。 正式名称は、城山稲荷神社。 伏見稲荷を観請して祀られた霊験あらたかな神社です。 入口脇に藤棚があり春には、薄紫の花が。 赤い鳥居が5本、石の鳥居につづく7本の赤い鳥居の正面に祠があります。 本家伏見稲荷に詣でた気分を味わえるでしょう。



 



【倉敷アイビースクエア】



いざ、倉敷アイビースクエアへ。 正面玄関のアーチをくぐると、そこは、青い空と赤レンガそして緑の蔦に囲まれる空間。 異国に来たような感覚に。一世紀に近い風雪に耐えた赤レンガとともに時を刻んだ蔦(アイビー) が優しく出迎えてくれます。蔦は昔工場の室温対策のために植えられました。 エコの先駆けですね。 フロントを通り抜けるとお食事と休憩のできるレストラン蔦があります。コーヒーだけでもOK です。レストラン入口に向かうと手作り硝子の戸があります、じっくり見ると味のある表面に納得。鯉と亀がお出迎え、アイビー広場 音楽会にコンサート、コスプレ撮影会、いろんなイベントが催されるアイビー広場は、なんと言っても 夏のビアガーデンがおすすめ。浴衣で夕涼みをしながら楽しく乾杯。広場の端に堀があり鯉がゆっくり泳いでいます。亀は、ひなたぼっこをしているかも。 椅子が幾つか置いてあるので、疲れたら一休みできます。 アイビーショップにはアイビースクエア限定のお土産がいくつかあります。 地酒、デニムやい草の小物、イチ押しはアイビーとレンガ模様のオリジナルマスキングテープ、リーズナブルでかさばらない、軽い。旅のお土産、想い出にいかがでしょうか。 体験コーナーは、30分くらいから 蔵を再利用して作られた、愛美工房では陶芸の体験コーナー、絵付け、手びねりなどの体験ができます。 また、売店ではお土産、雑貨、工芸品の販売も。お隣のハンコ屋さんで、記念のハンコを作ってもらうと いうのはいかがでしょうか。



 



倉敷アイビースクエア



営業時間 9:00~17:30



レストラン営業時間 喫茶 9:00~21:30



昼軽食 11:00~14:00



夜 17:00~21:00



 



【倉紡記念館】



赤レンガの中の白壁 石畳みの先に白壁の建物が見えて来ます。 紡績産業の歴史が紹介されています。 明治、大正、昭和平成と時代ごとのクラボウの歩みが綴られています。 明治時代の部屋へ一歩入って圧倒されるのが混綿機の黒光りする外側と中にある大きな かくはん機のようなもの、引き締まった気持ちで大正、昭和の時代へと進み棟方志功の 書と画にくぎ付けになり現代まで一周。タイムトンネルを通って来たような不思議な気持ちになります。



公開時間 9:00~17:00



入館料 一般 250円 学生 220円



 



いかがでしたか?



アイビースクエアは赤レンガと蔦のホテル。 蔦は、古来、愛情と出会いのシンボルでした。 新しい発見、出会いを見つけに来ませんか。 アイビースクエアの西門を出るともうそこは美観地区のメインストリート。 歩行者専用道路ではないので飛び出さないように。道路を渡り石畳の満を進むと また、白壁の町へと戻ります。 エキゾチックな物と日本的な物、古いものと新しいものがほどよく調和してこころをくすぐる倉敷。 着物でしなやかに、袴でハイカラに、お手伝いは着物レンタルVASARA倉敷店におまかせください。



 



倉敷アイビースクエア 〒710-0054 岡山県倉敷市本町 7-2 086-422-0011


カテゴリー