京都、浅草着物レンタルVASARAの着物大事典記事詳細 ひな祭りを着物でお祝いしませんか?銀座からのお祝いおでかけルートをご紹介

着物レンタルVASARA HOME>着物大事典>【特集版】着物コラム>ひな祭りを着物でお祝いしませんか?銀座からのお祝いおでかけルートをご紹介

着物大事典

【特集版】着物コラム

ひな祭りを着物でお祝いしませんか?銀座からのお祝いおでかけルートをご紹介



 



3月3日はひな祭りです。私は男性なので縁遠いものでしたが、娘さまがいらっしゃるご家庭ではきっと大盛り上がりになるんでしょうね。しかし、お母さま方にはきっとどうやってお祝いしようかと悩んでいらっしゃる方もいるのではないでしょうか。そこで今回は着物でお祝いするひな祭りと題して、ひな祭りの基礎知識と銀座でオススメのおでかけルートをご紹介いたします。お祝いの参考にしてくださいね。



 



●ひな祭りの大まかな説明



・ひな祭りとは



女性のお祭りです。ひな人形を飾って、菱餅や白酒、桃の花を供えてお祝いします。



ひな人形は、子供の身代わりとなって健康や病気、怪我から守り、健やかな成長を願うといったものです。基本的には節分の後の立春から2月24日までに飾り付けをします。ちなみに、節句が終わったらひな人形をすぐに片付ける理由は、「片付けも満足にできないのでは、良いお嫁さんになれませんよ」という意味合いが込められているからです。



 



・ひな祭りに年齢制限はあるの?



ひな祭りって何歳までお祝いできるのが一般的なのかといわれたら、答えられなかったり小学生くらいまでと思う方がいらっしゃると思ったので、正確な情報をお教えします。



なんと、何歳でもお祝いしていいんです。



例えば、成人してからでもお祝いしていいんです。これはまだお祝いした機会が無い方は見逃せませんね。



 



・ひな祭りのお食事は?



ちらし寿司、縁起物の巻貝、菱餅(ひしもち)、ひなあられ、白酒・甘酒・桃花酒(とうかしゅ)といったものが挙げられます。お家でも用意できるものですので用意してあげてくださいね。



 



●着物でのお祝いがオススメのわけ



・お家で飾っているひな人形を見て、私も着てみたいとねだる子もいるのではないでしょうか。サプライズで和服を着せてあげれば、気分はお姫様。娘さまの思い出に残る日になると思います。



 



・ひな祭りの歌の中にもあるように、着物に着替えて晴れ姿でお祝いしましょうといったフレーズがあるんです。今では着物を着ることが少なくなってしまいましたが、こんな時代だからこそ、着物でお祝いしてほしいのです。



 



●着物レンタルなら何歳でも対応できます



一度きりしか着ないかもしれない、大きくなったら着れなくなるとお考えになるお母さまにオススメしたいのが着物レンタル。着物レンタルVASARAでは身長90cmほどのお子様用の着物もご用意しているのです。Children’sスタンダードというプランではネット予約価格3900円(税抜)で着付けまでセットでレンタルができるんです。



 



お子様用の着物など、こちらからご覧いただけます。↓



https://vasara-h.co.jp/kimono/



 



汚してしまうかもと不安になられるかもしれませんが、着物レンタルVASARAなら安心パック300という300円のオプションを追加していただければクリーニング代や修繕費を5万円分まで保証いたします。食べ物をこぼしてしまうことが多い娘さまにピッタリです。



 



着物レンタルVASARAは全国20店舗ございます。お近くの店舗へお気軽にお越しください。



店舗情報はこちらからご確認ください。↓



https://vasara-h.co.jp/shop/



 



●オススメルートをご紹介します!



今回は着物レンタルVASARA銀座三丁目店からのルートをご紹介いたします。着物に着替えてスタートです。着替えには約1時間ほどかかりますので、11時に予約して、12時ころ出発しましょう。



お子様の予算:着物・保険代4536円(税込)



 



●「宗家 源 吉兆庵銀座本店」でランチとひな人形鑑賞!





 



(写真参照:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/160654



着物レンタルVASARA銀座三丁目店から徒歩約10分。宗家 源 吉兆庵銀座本店というお店で、豪華13段ひな飾りや約800本のつるし雛が3月3日まで展示されています。圧巻の光景に娘さまのテンションも最高潮です。入場料も無料ですので、ぜひ足をのばしてください。



 



予約可能な「ひな祭り膳」(3780円(税込))など、ひな祭りに関連したメニューも召し上がることもできます。



アクセス 中央区銀座7丁目8−9



 



●烏森神社でお参りしましょう!





 



(写真参照:https://jinja-gosyuin.com/karasumorijinja/



2時間ほどの滞在となるであろうひな飾りとランチの後、徒歩約10分ほどで到着できる烏森神社に向かいましょう。神社で着物で記念撮影するのもいいですし、実は烏森神社にはひな祭り限定の御朱印(初穂料500円)がもらえるんです。2016年には3000人を超える参拝客が訪れるほど人気の神社ですので、ぜひお見逃しなく。御朱印の受付期間は2月18日~3月17:30日までです。



アクセス 東京都港区新橋2丁目15−5



 



●お帰りは電車で



烏森神社の参拝後は慣れない着物で疲れているであろう娘さまのためにぜひ電車で移動してあげてください。烏森神社はJR新橋駅の目の前にあるので、移動もスムーズです。JR新橋駅からJR有楽町駅まで一駅です。有楽町駅から降りたら、着物レンタルVASARA銀座三丁目店まで約5分。着物の返却締め切りは17:30までですので十分間に合いますよ。着物を脱ぐのには15分もかかりませんので、銀座でディナーを予約してもいいかもしれませんね。





 



●まとめ



いかがでしたか?ひな祭りの基礎知識と銀座でオススメのお祝いおでかけルートをご紹介しました。着物での散策もこれなら無理なく楽しめると思います。着物レンタルVASARAは全国20店舗にご用意しています。ぜひお近くの着物レンタルVASARAにいらして、ひな祭りを楽しくお祝いしてあげてください。



 



着物レンタルVASARAの予約はこちらからできます。↓



https://vasara-h.co.jp/reserve/day.html


カテゴリー