京都、浅草着物レンタルVASARAの着物大事典記事詳細 【銀座三丁目店スタッフブログ】袴のマメ知識

着物レンタルVASARA HOME>着物大事典>きものコラム>【銀座三丁目店スタッフブログ】袴のマメ知識

着物大事典

きものコラム

【銀座三丁目店スタッフブログ】袴のマメ知識

こんにちは、VASARA銀座店です。



節分も終わり、立春も過ぎ、泣いても笑っても、卒業・入学シーズンがやってきます。



「卒業式、なに着ようかなぁ。入学式のときもこのスーツだったなぁ。」なんてそろそろ考え始める時期ではないでしょうか? ありがたいことにVASARA銀座店にも連日卒業袴のお下見予約が入っています。卒業式・入学式は、現代人にとっては数少ない正装着物を着るチャンスです。中でも袴を着る機会なんて、先生になるか、弓道でも始めるか、宝塚に入団でもしなければ今回が最初で最後の袴チャンスとなるにちがいありません。



そこはやっぱり着物で卒業をお祝いしましょう!



 



「さっそく日にちを確認して予約~♪」をしていただく前に少しご説明させてください。



・卒業式にはなぜ袴?



そもそもなぜ?ですよね。袴姿が最初に登場したのは、桃の節句のひなまつり、三人官女でおなじみの宮中の女官の装いとしてでした。明治時代になって、まだ洋服が普及していない頃に、女学生や女教師の制服として袴が採用されてから、女袴スタイルが一般的になりました。ちなみに、当時の女学生の袴は、紺色か海老茶色のサージと呼ばれるウール地のもので、古代紫は女教師の色でした。宝塚歌劇団の制服はグリーンの袴ですね。宝塚にあこがれてグリーンの袴が流行った時代もあったそうです。



現在では、袴にもさまざまなカラーが登場し、無地だけでなく、グラデーションになっているもの、刺繍が施されているものなど、選びがいがあります。



 



・袴の下はどうなってるの?



これ、海外の方からもよく聞かれますし、ツイッターでも話題になったりしてました。きっと袴というと、男性の馬に乗る姿を想像してしまうからなのでしょう。女性の袴はスカートのようになっていて、男性の馬乗り袴のようにズボン状にはなっていません。ですので、袴の下は、着物の丈を少し短くして袴から裾が見えないようにして着物を着ています。そして帯を締めます。袴下と呼ばれる幅の細い帯(半幅帯や小袋帯)を締め、その帯が袴の上部から2cmくらい見えるように袴をつけるので、帯にはアクセントカラーを選ぶもよし、足長効果で同系色を選ぶもよしです。



足元は、「編み上げブーツ」か「草履に足袋」が多いですが、かわいい「パンプスにソックス」スタイルにするお嬢さんも増えてます。



 



・じゃあ、どんな着物を合わせればいいの?



卒業式には紋付の色無地の着物をあわせるのが正式と言われてますが、まず今は見かけません。着物の種類としては、



・小紋



・二尺袖



・振袖



の3種類に分けられます。



 



・小紋 は、矢絣に代表されるように大正ロマンの女学生を演出したいときや、「式」だからといってあまりかしこまりたくない方にお選びいただいてます。



・二尺袖 は、小紋と振袖の中間の袖の長さの着物のことをいいます。絵羽柄というよりも大胆な小紋柄が多く、そのためカジュアルでありながら、長めの袖が若さと華やかさを演出してくれて、とてもかわいらしくなります。最近の呉服業界では、袴には二尺袖の着物を合わせようね。という風潮を作り出そうとしている気がします。



・振袖 は、成人式でお召しになった方が多いと思いますが、そのとおり!豪華な柄が肩から袖いっぱいに描かれているので、たとえ裾模様が袴で隠れてしまったとしても艶やかさはピカイチです。もちろん成人式の振袖をお持込になって、帯・袴のみレンタルなんていうのも可能ですよ。



 



とまあ、簡単にご説明させていただきましたが、なんだかよくわからない。見てみないとイメージ湧かない。このモデルさんみたいな着こなしにしたいけどなんの着物にあたるのかわからない。などが正直なところだとお察しいたします。



そんなときは!そんなときこそ!お下見予約のうえVASARA銀座店へお越しください。目の肥えた&着物大好きなスタッフがお客様のご要望に沿ったナンバーワンコーデを必ずやご提案いたします。お手持ちのお着物や小物で、ぜひとも合わせたい&取り入れたいものがございましたら一緒にお持ちください。ピタリとキマるコーデを見つけますよ。VASARA銀座店には着物や袴・帯だけでなく、顔周りもかわいくできちゃう刺繍半襟や色とりどりの重ね衿も揃っています。どれもステキで困っちゃう!選べない!と嬉しい悲鳴をあげながら、あなただけのオンリーワンコーデを一緒に見つけたいです。



 



下見はともかく、日時が決まっているので予約だけでも先に押さえたい。という場合もOKです。袴当日おまかせプラン、をご用意しております。お支度には1時間半みていただいているので、ご出発の1時間半よりも前の時間をご予約くださいね。お下見していないということは、当日お選びいただくということにほかなりません。あれこれ悩んでいるうちにご出発のお時間が迫る…。というドキドキな展開になることも。



 



詳しいプラン&料金については着物レンタルVASARA銀座店のサイト



https://vasara-h.co.jp/plan/をご覧ください。



またはコールセンター



03-5577-5882



までお気軽にお問い合わせください。



 



ご卒業おめでとうございます。



ご予約・ご来店、心よりお待ち申し上げます。



 



VASARA銀座店スタッフ一同



 


カテゴリー