京都、浅草着物レンタルVASARAの着物大事典記事詳細 【昭和初期に学ぶ】マナーで差がつく、モテ着物コーデと女子から褒められる粋な着方

着物レンタルVASARA HOME>着物大事典>着物にまつわるしきたり・マナー・エチケット>【昭和初期に学ぶ】マナーで差がつく、モテ着物コーデと女子から褒められる粋な着方

着物大事典

着物にまつわるしきたり・マナー・エチケット

【昭和初期に学ぶ】マナーで差がつく、モテ着物コーデと女子から褒められる粋な着方

 



自分に似合う着物のコーディネートってどうやって決めるの?



「着物を着てみたいけど、どんな着物が似合うのかがわからない」とか、「着物は着てみたいけど着ると太ってみえるから」という理由であきらめていませんか?着物のコーディネートは、着物や「着付」に頼るだけでなく、言葉や動作、性格の「着付け」と衣裳の着付けが二つ合わさって着物のコーディネートは完成します。素敵な自分らしい着物のコーディネートをすることは自分の好みの色や柄を選ぶだけではなく、言葉や動作に合った着付をするようにするとよいですよ。



 



昭和初期のファッション誌に学ぶ、着物女子力UP特集



戦後の昭和初期、まだ着物が人々の生活からあまり離れていない頃には、女性のファッション誌は「いかに着物で痩せて魅せるか」「モテる髪型、着物のコーディネートはどういったものか」コラムで人気でした。そう思うと、時代は変わりますがいまの女性ファッション誌とあまり変わらないですね。



 



昭和初期は大きく分けて「山の手好み」「粋好み」に二極化していました。現代の言葉に置き換えると、「山の手好み」は「お嬢様風コーデ」「上品コンサバ系コーデ」「モテカワコーデ」など万人受けする清楚で上品なコーディネート。「粋好み」は「下町風」「原宿系」「パンク系」など女性が楽しむコーデに置き換えられます。そう考えると、原宿系ファッションを好む女性がいきなり丸ノ内OLや港区女子の服装をしても合コンではバレますし、逆に、丸ノ内OLや港区女子がいきなり自分らしさや個性をファッションに取り入れようとしても、周りからどのようにみられるかを意識しすぎて中途半端なコーディネートになりオシャレにしようと思ったのにかえってダサくなってしまって散々な結果になってしまったりすることも。



 



現代女子向け、体型・年齢・好み別の和服コーディネート方法を紹介していきます。



 



和装の第一印象は衿もとと裾で決まる!



第一印象を決めるのは見た目からくる情報が70%とメラビアンの法則でいわれていますが、着物の場合は衿もとと裾の調和で決まります。言い換えると、襟と裾が決まっていれば、前身すっきりきれいに着こなせるということです。着崩れしてしまったときも衿もとと裾を手早く直しちゃえばOKということですね!



洋服のように最初からいろいろなスタイルにパッケージ化されている衣装とは違って、着物は着付の方法によってどんなスタイルにでもなる服装ですから、皆さまの正確と着物の正確を考え合わせながら、その時々に応じた着付によって、華やかにも活動的にも、やさしくも、お好みのスタイルと雰囲気を表現するようになさってください。



 



性格や素行がバレちゃう?!着物の装いは女性の中身を映し出す鏡



着物の色柄と着付の組み合わせによって魅せたい印象を作ることができますが、着物美人は動作が美しいと着物の装いも美しくみえるので、エチケットやマナーが身についていることが男性にモテるための秘訣だったのだそうです。



趣味嗜好・性格をそのままストレートに選んだ着物や自分の好きな着付をするのが無難ですが、粋なタイプの着付けが好きな人が山の手風のコーディネートを楽しみたいとき、または奥様方が粋なタイプのコーディネートをしたいときには、単に着物や着付に頼るだけでなく、言葉や動作、性格に至るまですっかり「着付」をしないと「着物」の着付けは活きたものになってまいりません。結局、内面的な着付と衣装の着付けが二つ合わさって完全なものになるのでしょう。



”粋”な着物コーデはどこを強調すると映える?



外観の違いをあげてみますと、”粋”好みの方には抜き衣紋にして特に衿足の美を強調します。襟巾は廣めになり、深く合わせ、半衿をたっぷり魅せます。帯は布をせまめに、腰骨近くまで下めにおろし、胴をゆるめに工作させて巻きます。御太鼓の山を低く、斜めに形づくり、ゆるくふわっとした御太鼓に結びます。裾は両端を思い切り持ち上げ、裾下を補足しぼるようにひきしめて合わせます。



”お嬢様風”着物コーデで気を付けるべき着付のポイント



山の手好み(お嬢様風着物コーデ)になると代替その反対になって、衿巾は細目に半衿を補足みせてきりっと合わせますが、奥様になると多少胸もとにゆとりのある着付になってきます。しかし先にも申し上げましたように一番大きな差は着付に加わる動作です。いきな方の内またに歩く具合、腰つき、肩つき、手の上げ下げ、それらはすべて山の手の方とひとつひとつ違ったものでしょう。



 



気になる体型をカバーする着物コーデ(色と柄)



お顔の調子、好み、性格によって色や柄が違ってまいりますので、ひとつひとつ説明することはできないわけですが、体格によって選ぶべき色と柄の選択は簡単に考えられると思います。太った方の場合には濃い色、柄は小模様や縦じまなどがどなたでも気の付くことでしょう。しかし好みや季節によって薄色を使う場合は、明るい薄色ではなく、落ち着きのある淡色がよく、つまりピンクや水色系を避けて、灰色や薄茶などを選んでください。また光る地質は肉感的で凝った方には禁物です。



やせた方はこの反対がよく、柄を選ぶにも、まる味のあるもの、重量感の深い遅筆を使いましょう。小さな方は、小模様でそれが連続的にたてに流れる感じの柄。どちらかといえば泡色の温かい色合いがよいわけです。大きい方は横に流れる線や、斜めの線を利用し、色は不快おちつきのあるものにいたしましょう。大柄を避けて、小模様が一面にある柄など適当です。



その他、柄には粋好みと品のよい好みがあって、ご自分の正確にあったものを選ばねばなりません。ですが、そのふたつの子のみを着付で木分できるものに、小模様(こもよう)、細かい縞柄(しまがら)、十字がすり、黄八丈などがあります。黄八丈のいきな着付、モダンな洋服調の着付け、どちらもご自由なわけです。色で言えば紫といういろは古典的なやわらかい表情、上品な趣深い感じを出します。お見合いや旅行などの特に女性的な感じを出したいときにお召しになってほしい日本的な美しい色合いです。不快おちつきのある園児系は若奥様から中年の方までのモダンな好みで、灰色系は若い方が使うと、教養の香新しい感覚をあらわし、衿とか帯に目の覚める色彩を組み合わせたいと思います。友禅の錦絵的なものをのぞくほかは色彩の単純化を狙って、柄もすっきりしたものを選ぶようにいたしましょう。


カテゴリー