京都、浅草着物レンタルVASARAの着物大事典記事詳細 学生生活最後の思い出、卒業式をとびきりお気に入りの袴で彩りましょう

着物レンタルVASARA HOME>着物大事典>きものコラム>学生生活最後の思い出、卒業式をとびきりお気に入りの袴で彩りましょう

着物大事典

きものコラム

学生生活最後の思い出、卒業式をとびきりお気に入りの袴で彩りましょう



皆様、卒業式で着られる袴はもう決まりましたか?最近では大学や専門学校などの卒業式に袴を着用する女性が増えています。2016年に上映された『ちはやふる』の映画や2017年の『はいからさんが通る』で、袴の認知がとても増えたと思います。小学校の卒業式で袴を着用する方も増えてきていますので、着物とは一味ちがった、袴ならではの魅力が人気を呼んでいるようですね。そんな卒業袴ですが、人生における大切な節目となる晴れの舞台を彩る大切なお衣装です。はいからさん風にレトロな着方もよし、せっかくだからとびきり可愛く着飾るもよし。袴のオススメのコーディネートなどを今回はご紹介していきます。



 



▼袴ってそもそもどんなもの?





まずは着物と袴について説明いたします。



着物は『小振袖(二尺袖)』を着られる方が多いでしょう。振袖よりも袖が短く、振袖と比べて動きやすいです。こちらの写真で、袖の長さがわかりやすいと思います。こちらは二尺袖を着つけているものです。実は袴を履かなくてもこういった着こなしができるのも着物の魅力で、可愛いですよね。もちろん、振袖でも構いません。華やかな場で映える豪華な振袖も魅力的です。成人式で着たお手持ちの振袖を利用して、袴だけレンタルされるのも手です。せっかく成人式で着た振袖ですから、こういった機会に別の着方をするのもまた素敵です。ただ、卒業式は立ったり座ったりの動作があったり、お友達と記念撮影をして動かれることが多々あると思います。袖丈が長い為見栄えはとっても豪華なのですが、袖を地面に引きずってしまったり、踏んでしまったりしやすいので、立ち振る舞いは十分な注意が必要です。



そして袴。袴着スタイルの主役である袴。無地でシンプルに着こなせるものから、伝統的な日本デザインで小紋模様をあしらったものやぼかしの入ったデザイン。また、モダンデザインとしてレースをあしらったものや刺繍のはいったとても可愛らしいデザインのものなどもあります。赤や紫の他にも明るいピンクやブルーも最近とても人気です。いずれにしても、袴の色使いでがらりと印象が変わりますので、自分にあったデザインやイメージで選ぶことをオススメいたします。



 



▼VASARAからのオススメコーディネートシリーズ



①王道スタイル





紫の袴は大人気です。上をどの色の着物にしても合わせやすく、王道スタイルといったら紫の袴でしょう。画像のようにグラデーションと刺繍が入っている可愛らしいものや、無地ですとTHE・王道を楽しめるのでとてもオススメです。また、黒地の着物ですが柄に赤や白が入っているので、暗い印象にならず可愛らしさを残したまま着こなせます。



画像2枚目はグレーの袴でかっこよさを出してみました。お着物が王道カラーと柄に華やかな色味なので、暗い色の袴を合わせることでグッと『古典らしさ』が出ます。



 



②みんな大好きゆめかわスタイル





ここぞとばかりに『可愛い』を詰め込みました。今回はクリーム&抹茶色の着物にピンクの袴を合わせましたが、水色×ピンクも可愛くて人気です。また、クリーム色の袴にして、上はちょっと大人なデザインにして袴で『可愛い』を持ってくるのもすてきなコーディネートになると思います。



勿論、ヘアはコテを使ってふわふわに巻いてハーフアップにしております。VASARAにはピンクの大きいちりめんリボンもあるので、ヘアセットまで可愛くできます。また、今回撮影ではレースの手袋を使用しました。白レースの手袋が女性のかわいらしさを手元にも表現してくれます。VASARAにて手袋のレンタルはありませんが、こういったコーディネートもあるので、ぜひ参考にしてみてください。



 



③個性派レトロモダンスタイル





3種類目は、個性的なスタイルということで、POPなドット柄をご紹介です。先述した白の袴は本当に何にでも合わせやすいです。椿の刺繍が足元に入っているのもポイントで可愛いです。こちらの赤のドットは周りと被りたくない・個性を出したい、という方はいかがでしょうか?また、卒業式ではなくてもちょっとした友達とのお出掛けで着るコーディネートとしても面白いと思います。また、今回は帯にヘア飾りの紫のリボンをつけてワンポイントにし、足元はブーツを履きました。通常の着物は帯に『帯揚げ』や『帯留め』、『飾り紐』をつけて飾ることが出来ますが、袴にはそういったものがありません。ただ、こうして飾りをつけるだけでも周りと被らないコーディネートになると思います。そして極めつけはブーツです。袴も着物なので勿論草履を着用するのが主流ですが、最近ではブーツを履く方も増えました。袴はもともと上の位置で着付けをするため足長効果があるのですが、ブーツで更にスタイルがよく見えます。また、履き慣れない草履で参列して疲れてしまうのを懸念すれば、ブーツを履くのも有りです。



 



▼まとめ



袴一つとっても、コーディネートがたくさんあります。決まったルールはありません。むしろ、袴で友達お出かけという方が増えてきている最近ですから、コーディネートはどんどん自由にしてOKです。昔はブーツやレース手袋なんてありませんでした。ベレー帽をかぶってのコーディネートの方も見かけますよね。せっかくの晴れの日なので、皆様の『大好き』を詰め込んで、とっておきの袴スタイルを見つけましょう。



 



着物レンタルVASARAでは古典的なものから、可愛いものまでいろんな種類の着物や袴を用意しております。きっと皆さまのお気に召すものが見つかると思います。



3月は卒業式シーズンということもあって早くに御予約が埋まってしまいます。早いお時間は特になので、ご予約をお考えの方はお早目にご連絡くださいませ。



お店で店舗スタッフと直接ご相談していただけるお下見の予約や、通常営業時間前の早朝予約や、着物や袴について詳しく話を聞きたい・相談したいというお問い合わせはコールセンターまでお任せください。



 



着物レンタルVASARAコールセンター



(9:00~19:00)03-5577-5882



 


カテゴリー