京都、浅草着物レンタルVASARAの着物大事典記事詳細 浅草寺での初詣攻略!混雑予想・おみくじ・パワースポットなどをご紹介

HOME>着物大事典>【特集版】着物コラム>浅草寺での初詣攻略!混雑予想・おみくじ・パワースポットなどをご紹介

着物大事典

【特集版】着物コラム

浅草寺での初詣攻略!混雑予想・おみくじ・パワースポットなどをご紹介

浅草寺は国内外から観光客が訪れる有名スポットですが、初詣での利用も非常に多いというのはご存知でしょうか。大晦日から三が日にかけての参拝客数は約280万人。年間で約3000万人の参拝客が訪れるというので全体の参拝客の約1割がその3日間だけで達成されるという計算になります。そうなると年末年始の混みあっている中に飛び込むなんてどうだろうと考えてしまいます。今回はそんな混雑は嫌だけど初詣には行きたいという皆様に混雑時間の予想とそのほか参拝した時にオススメのスポットをご紹介いたします。着物での初詣タイミングも併せてご紹介しますので、浅草寺での初詣を楽しんで下さい。



 



●浅草寺の概要



浅草寺の正式名称は「金龍山浅草寺」。628年(推古天皇三十六年)に漁師が隅田川で投網をしていたところ聖観世音菩薩の仏像が網にかかり、それを祀ってお堂を建てたことが浅草寺の始まりとされています。628年開基は東京最古といわれています。ご本尊は聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)です。



【ご利益】



商売繁盛、恋愛成就、所願成就、学業成就など複数のお願いごとにもご利益があります。また、浅草寺境内には様々なお堂があります。



・縁結び(久米平内堂)



・病気平癒(薬師堂・淡島堂、本堂手前の常香炉)



・商売繁盛(銭塚地蔵堂)



・芸事上達(弁天堂・鎮護堂)



他にもたくさんのご利益スポットが満載です。初詣に行けばスピリチュアルパワーをいただけることまちがいなしですね!



●初詣の参拝時間



平成最後の初詣ですのでより多くの方が来ることが予想されます。境内には24時間入ることができますが、初詣の参拝時間は決められています。



大晦日2018年12月31日 6:30~19:00



元旦2019年1月1日 0:00~20:00



三が日2019年1月2日、3日 6:30~20:00



三が日以降 6:00~17:00



大晦日と元旦の間の時間は本堂が閉門となります。2019年1月1日となったタイミングで再度開門しますのでご注意ください。



●混雑タイミング



混雑のピークはこのようになっています。



・12月31日 22:00~1月1日3:00



・1月1日、2日、3日 10:00~17:00



そのため、その時間帯を避けると混雑が緩和された状態で初詣に行けます。



●三が日で混雑を避けられる時間帯予測



1月1日 早朝4時~8時



1月2日、3日 早朝6:30~8:00もしくは17:00以降



特に2日、3日の17:00以降は着物での初詣にもピッタリの時間帯です。着物レンタルVASARAではトワイライトパック(15:00以降限定対応)をご用意していて、翌日17:30までの延泊料金980円分が含まれている上に、スタンダード~スリースターの着物がどれでも4900円(税別)でご利用できます。着物レンタルVASARA浅草寺店は夜の22:00まで返却受付をしておりますので、夕方からの初詣にピッタリです。



●参拝作法の注意点



初詣に向かう際、いつも忘れてしまうのが参拝方法です。正しい作法を身に着けてしっかりと新年を向かえましょう。



1.山門である雷門で合唱一礼をくぐる前にしましょう。そのまま参道である仲見世通りを進みます。



2.お水舎で手と口を清めます。



右手でひしゃくをもって左手を洗います⇒左手に持ち替えて右手を洗います⇒右手に再び持ち替えて、左手に水を溜めて口をすすぎます



ひしゃくは多くの方が使うものですので、直接口をつけないようにしましょう



3.常香炉にお香を供えて、煙を浴びて心身を清めます。火がないという場合も基本的に常香炉にお香を入れてしばらくすると余熱で火が付きます。



4.本堂で礼拝しましょう。



お賽銭を投げ入れます⇒合掌しつつ一礼します⇒最後にもう一度軽く一礼します



二礼二拍手一礼は神社のマナーです。間違いやすいので要注意です。



お賽銭の硬貨についてはいろんな説がありますが最もポピュラーなのは穴の開いた硬貨を使うものです。



15円(いいご縁)・25円(二重のご縁)・45円など(始終のご縁)など組み合わせるのがいいとされています。逆に10円は遠い縁という意味になってしまうのでご注意ください。



ちなみに穴の開いた硬貨がない場合は



11円(いい縁)・20円(二重の縁)・41円(始終いい縁)といった組み合わせもいいとされています。



5.山門から出るとき、本堂に向かって合掌一礼をします。



●おみくじ



浅草寺のおみくじは凶が多いと有名なのはご存知でしょうか。約3割が凶とされています。当初はどの寺院も同じ割合だったそうですが、凶が嫌われて引かれなくなってしまったことがあるようでだんだんと今日の割合を下げていったそうなんです。その割合を変えていないのが浅草寺というわけです。しかしご心配なさらず。凶だからと言って一年通して運勢が悪いわけではありません。「凶が出てもやがて運が巡ってくる」「これ以上悪くなることはないのでこれから勢いを出していこう」という意味合いですので、そんな中で大吉を出した方が気分も乗ってきませんか?どんな結果が出てもその後の努力が大事ですので、ぜひ引いてみてください。



ちなみに忘れやすい吉、中吉の運勢の順番はこちらです。



大吉⇒中吉⇒小吉⇒吉⇒末吉⇒凶⇒大凶



●交通規制



浅草寺付近は12月31日夜~1月3日まで交通規制が実施されます。公共交通機関での移動がオススメです。詳しくは浅草観光連盟のホームページをご確認ください。



http://e-asakusa.jp/culture-experience/4854



 



2019年も良い一年にするために浅草寺へ初詣のポイントをご紹介しました。混雑は予想されますが、避けることも不可能ではありません。着物を着ての参拝も時間的に可能です。平成最後の初詣にぜひ着物レンタルVASARAの着物を着て参拝されてはいかがでしょうか。


カテゴリー