浅草、鎌倉をはじめ全国20店舗展開中

京都、浅草着物レンタルVASARAの着物大事典記事詳細 【着崩れ防止】浅草で着物レンタルをして電車に乗るときのコツとは?

着物レンタルVASARA HOME>着物大事典>着物コラム【浅草:エリア別おすすめ情報】>【着崩れ防止】浅草で着物レンタルをして電車に乗るときのコツとは?

着物大事典

着物コラム【浅草:エリア別おすすめ情報】

【着崩れ防止】浅草で着物レンタルをして電車に乗るときのコツとは?

電車やバスの車内は揺れるため、姿勢を維持するのが難しく、立ったり座ったりする動作も多いため、着物が着崩れやすい環境といえます。「着物は着たいけれど、長距離移動で目的地に到着するまでに着崩れてしまうのが心配」という悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。

着物で電車に乗る場合は、いくつかのポイントを押さえておくことで、着崩れにくくなります。

この記事では、着物で電車に乗る際に、着崩れにくくするための3つのコツを解説します。簡単に実践できるものばかりなので、着物での電車移動に不安を感じている方はぜひ参考にしてください。

■着物での電車移動は「着崩れ」が心配

着物で外出する際に、心配なのは着物が着崩れることです。

電車での移動は揺れが多く、きれいな姿勢を維持しにくいため、着物が着崩れしやすい環境です。例えば、転倒しないよう足を開いて踏ん張ることや、立ったり座ったりを繰り返す動作が多く、しっかり着付けたとしても徐々に着崩れてしまうのです。

着物を着用したあとに、電車やバスを利用しなくてはならないケースもあるでしょう。そのような場合は、電車での姿勢に注意することで、着物が着崩れしにくくなります。

■着崩れ防止!着物で電車に乗るときの3つのコツ

着物で観光したり、結婚式や卒業式などに出席したりする場合、本番前に着崩れるのは防ぎたいものです。

着物は普段のなにげない所作が原因で、どんどん着崩れていってしまいます。着物で電車に乗る際は、以下の「3つの所作」を意識して、着物の着崩れを防止しましょう。

◇1.電車の座席の背もたれにもたれない

着物での電車移動のポイントは「帯を守る」ことです。

背中で結んだ帯は、背から少し飛び出しています。帯は帯締めで固定されているだけなので、結び目を引っかけたり、圧し潰したりすると、着崩れの原因となってしまいます。

着物で電車の座席に座る際は、シートの半分ほどの位置に体を乗せて、静かに座るのがポイントです。また、背筋を伸ばして上半身をまっすぐにしていれば、着崩れにくくなるのと同時に、品良く見せることもできます。

カフェやレストランなどの椅子に座る際も、浅く腰かけることを意識することで、着物が着崩れにくくなります。

◇2.電車に立って乗る場合は、人に背を向けない

電車には多くの人がいるため、人との接触による着崩れにも注意する必要があります。

電車が揺れた際に、周囲の人がとっさに帯をつかんでしまう可能性もあります。着崩れや転倒事故を防止するためにも、帯を人のいる方向に向けないのがポイントです。

電車に立って乗る場合は、背中をドアや壁側に向けて立ち、帯を守りましょう。

◇3.つり革につかまらない

腕を上げ下ろしする動作は、着物のそでを引っ張ってしまうので、上げ下げを繰り返すことで着崩れやすくなってしまいます。着崩れを防止するため、手を高く上げてつり革をつかむのは控えましょう。

しかし、揺れる電車内で何にもつかまらずに立っているのは、体勢を維持するのが難しく、転倒の恐れもあります。そのような場合は、つり革よりも手すり棒などにつかまるようにしましょう。

■現地での着物レンタルなら着物が着崩れる心配なし!

着物の着崩れが心配な場合は、着付け後の移動が少なくなるようにプランを立てるのがおすすめです。

電車やバス、タクシーなどを使うと、どうしても立ったり座ったりする動作が多くなります。また、着物に不慣れな場合は長距離移動で疲れてしまい、そのあとの予定を十分に楽しめなくなってしまいます。

このような事態を避けるには、目的地の近くにある着物レンタルのお店を利用するのがおすすめです。また、できるだけ乗り換えの少ないルートを調べておくのもよいでしょう。

■VASARAの着物レンタルは浅草観光にピッタリ

浅草の風情ある街並みを満喫するなら、着物での散策がおすすめです。撮影スポットも多いので、着物を着用して、思い出として残す写真を撮影してみてはいかがでしょうか。

VASARAは浅草駅近くに3店舗を展開しています。浅草観光の定番スポットである雷門や浅草寺からも近く、着付けが終わればすぐに浅草散策をスタートできます。浅草駅周辺をめぐるのであれば、着付け後の電車移動がないので着崩れる心配もありません。

<VASARA浅草寺店>

浅草寺まで徒歩1分の距離にある店舗で、浅草寺から観光をスタートしたい方におすすめです。女性向けの着物はもちろん、男性向けの着物も豊富に取り扱っています。

  • 営業時間:9:00~18:00(着付け最終受付17:00/返却締め切り17:30)

  • 住所:東京都台東区浅草2-1-3

  • アクセス:

東京メトロ銀座線「浅草駅」出口1から徒歩約3分

東武スカイツリーライン「浅草駅」出口6から徒歩約2分

都営浅草線「浅草駅」A5出口から徒歩約4分

つくばエクスプレス「浅草駅」出口1から徒歩約9分

VASARA浅草寺店の詳細はこちら

<VASARA浅草本店>

個室での着付けにも対応している店舗です。コーディネートのご提案もしているので、普段着物を着ない方もご安心ください。

  • 営業時間:9:00~18:00(着付け最終受付17:00/返却締め切り17:30)

  • 住所:東京都台東区浅草1-1-11

  • アクセス:

東京メトロ銀座線「浅草駅」6番出口から徒歩0分

都営浅草線「浅草駅」A5出口から徒歩約2分

VASARA浅草本店の詳細はこちら

<VASARA浅草駅前店>

東京メトロ銀座線「浅草駅」1番出口から徒歩20秒の距離にあり、浅草駅の近くに宿泊される方や、観光の前後に浅草駅を利用される方におすすめの店舗です。

  • 営業時間:9:00~18:00(着付け最終受付17:00/返却締め切り17:30)

  • 住所:東京都台東区浅草1-2-13観音通りビル4F

  • アクセス:

東京メトロ銀座線「浅草駅」1番出口から徒歩20秒

都営浅草線「浅草駅」A4/A5出口から徒歩2分

VASARA浅草駅前店の詳細はこちら

■手軽に着物を楽しむならVASARAの着物レンタルがおすすめ!

着物レンタルVASARAには、お客様に手軽に着物を楽しんでいただくため、さまざまなこだわりがあります。

◇3万着以上のデザイン着物を取りそろえている

VASARAは、デザイン着物を3万着以上取り扱っています。物の種類や色柄が豊富なので、たくさんの選択肢のなかから好みの一着を選ぶことが可能です。

小物レンタルにも対応しているので、着物の着こなしに必要なものはひと通りレンタルでそろえることができます。よりオリジナリティのあるコーディネートがしたい場合は、有料の小物オプションもおすすめです。

VASARAの着物一覧はこちら

◇着物の種類や予算に合わせてプランを選べる

VASARAのレンタルプランは、小紋、浴衣、振袖などさまざまな種類があります。そのため「手軽に着物を楽しみたい」「思い切りおしゃれをしたい」という場合に、予算や希望に合わせてプランを選ぶことが可能です。

着物プランの変更は、アップグレードであればレンタル当日でも対応できます。

VASARA着物レンタルのプラン・価格はこちら

◇郵送・別店舗での返却にも対応

着物の返却締め切り時間は17時30分ですが、オプションを利用すれば夜間や翌日も着物を楽しめます。「レンタルした店舗に戻るのが難しい」という場合も、郵送や別店舗での返却が可能です。

  • 翌日返却:2,200円/名(税込)

  • 郵送返却:3,300円/名(税込、送料込)

  • 借りた店舗と別の店舗での返却:1着当たり3,850円(税別)

返却オプションを利用する場合は、出発までに申し込む必要があります。

VASARAの翌日返却プランの詳細はこちら

■まとめ

着物での電車移動は着崩れの心配がありますが、座り方や立ち位置などに気を付けることで、着崩れしにくくすることが可能です。また、大きな所作は着物の布地を引っ張ってしまい、着崩れの原因になるので、着物を着ている間は所作を小さめにするとよいでしょう。

着物をレンタルして浅草散策をする場合は、浅草駅周辺に3店舗を展開するVASARAがおすすめです。着付けが終わればすぐに観光をスタートできるので、時間を有意義に使えます。着物の種類や色柄も豊富なので、自分らしいコーディネートを楽しむことも可能です。

VASARAトップ

VASARA着物レンタルのご予約はこちら

<VASARA浅草寺店>

VASARA浅草寺店の詳細はこちら

<VASARA浅草本店>

VASARA浅草本店の詳細はこちら

<VASARA浅草駅前店>

VASARA浅草駅前店の詳細はこちら