京都、浅草着物レンタルVASARAの着物大事典記事詳細 天皇の住まいだった「京都御所」について詳しくなろう

着物レンタルVASARA HOME>着物大事典>着物コラム【京都:エリア別おすすめ情報】>天皇の住まいだった「京都御所」について詳しくなろう

着物大事典

着物コラム【京都:エリア別おすすめ情報】

天皇の住まいだった「京都御所」について詳しくなろう

こんにちは~!もーです。最近、京都のお寺や神社、桜や紅葉が美しい場所などをたくさん巡っています~!京都っていろんなお寺や神社の他に、それに桜や紅葉の名所があってすんごく面白いんです。それぞれ個性あるので、知れば知るほど奥が深いんですよ!!!!!



 



さて今回は、天皇の住まいだった「京都御所」について説明しようと思うのですが、みなさんはこのお寺のことはご存じですか????



 



もーはこのお寺のこと、なんとなくは知っていたんですが、詳しいことは知らなかったので、この記事にまとめてみました!



 



今回はこの京都御所について、シンプルにわかりやすく説明していきたいと思います!



ぜひ最後までお付き合いください!



 



【目次】



〇京都御所とは



〇京都御所の見どころ



・蛤御門(はまぐりもん)



・王朝文化をかんじさせる建物に美しい庭園



 



〇京都御所とは



京都御所は同志社大学や元離宮二条城の近くにある宮殿です。



ここ京都御所は平安京へ遷都した794年から明治維新のころまで、天皇の住まいでした。



現在の天皇ご一家のお住まいは東京ですが、昔は京都に住まれていたんです。



現在、京都御所は一般公開されており、中を拝見することもできるんです。



京都御苑は京都御所の周りの公園なのですが、すごく広々としていて、観光客や市民から人気なんです!



もーも実際に京都御苑に足を運んだことがあるのですが、ほんとここは広くて、開放的な気分になりましたよ!近くに犬を連れてきているひとがいて、犬ものびのびと駆け回っていました!ランニングしている人も見かけました!観光客だけではなくて、地元の人からも愛されている公園なのだと肌で実感しました!



 



先ほどから広々としていると言いましたが、面積はどれくらいあるのでしょうか?



京都中心にあるこの京都御所の面積は約65万平方メートルあると言われています。



かなり大きいですよね!





 



〇京都御所の見どころ



・蛤御門(はまぐりごもん)



・王朝文化をかんじさせる建物に美しい庭園



 



〇京都御所の見どころ



・蛤御門(はまぐりごもん)



やはり京都御所といえば、「蛤御門(はまぐりごもん)」は欠かせません。歴女のもーはこの門の名前を聞いただけで、そわそわします。蛤御門の変という戦いを知っていますか?蛤御門の変ではなく禁門の変とも呼ぶべきでしょうか?この戦いは、1884年、7月19日、尊王攘夷を掲げる長州藩対薩摩・会津藩などの幕府勢力の戦いなんです。それが京都御所という場所で激突したんです。禁門というのは、名前の通り、厳重な警備がなされている門であり、そこから皇居の門、そこから転じて皇居という意味です。つまり禁門の変は、皇居で起こった戦いのことを指すんですね。禁門の変は別名「蛤御門の変」ですが、これは蛤御門が最大の激戦地だったことが由来でこの名前がつけられているんです。この戦いは京都市内にも被害が及び、約三万戸が焼かれたそうです。現在でも門の柱には弾痕が残っています。



 



蛤御門は実は正式名称ではないんです。蛤御門の正式名称は「新在家衛門(しんざいけごもん)」です。蛤御門と言われた理由は、京都御所が火災で焼けたときに、滅多に開かなかった門が開いたんです。この時だけ開いたんです!はまぐりのように火にあぶられて開いたことから「蛤御門(はまぐりごもん)」と言われています!!!!



 



・王朝文化をかんじさせる建物に美しい庭園



京都にも様々なお寺や神社がありますが、この京都御所はそれらとは違って、王朝文化を彷彿させる建物がたくさんあります。「紫宸殿(ししんでん)」は五箇条の御誓文の舞台の場所で、左右対称しているとても美しい寝殿造りの建物です。「御車寄」は貴族が天皇と対面するときに使われた玄関だと言われています。「清涼殿(せいりょうでん)」は天皇が生活していた場所であり、儀式や執務を行なった場所でもあります。京都御苑の東側には「母と子の森」があります、そこはとても緑が豊富にある場所です。京都御苑では様々なお花を季節ごとに楽しむことができます。桜に桃、紅葉など、四季ごとに訪れるのもおすすめです。



桜は例年3月下旬から4月上旬です。たくさんの桜が咲き乱れる様子は圧巻です。「車返桜(くるまがえしさくら)」はとても有名なので、ぜひご鑑賞ください。なぜこの桜は「車返桜(くるまがえしさくら)」という名前が名付けられているのでしょうか?後水尾天皇が、桜があまりにも美しかったため、車を引き返したことが由来です。紅葉の見頃は例年、11月下旬から12月中旬ころです。凝華洞(ぎょうかどう)跡の紅葉はとても綺麗です!



 



 京都御所の公式ホームページはこちら



 https://sankan.kunaicho.go.jp/guide/kyoto.html



 



素敵な場所、京都でせっかく観光するなら、レンタル着物をするのがおすすめ!!



着物レンタルVASARAは京都に3店舗お店を構えており、幅広い年齢の方から人気があります。



 



着物レンタルVASARA京都駅店(日本旅行TiS京都支点内)



https://vasara-h.co.jp/shop/detail.html?id=10



 



着物レンタルVASARA京都駅前店



https://vasara-h.co.jp/shop/detail.html?id=20



 



着物レンタルVASARA京都祇園店



https://vasara-h.co.jp/shop/detail.html?id=7



 



365日毎日多くのお客様の着付けやヘアセットを請け負わせていただいているので、手際のいいスタッフが短時間であなたを可愛く変身させちゃいます!ひとりひとりの体に合わせてスタッフが美しく着物を着付けます。また、着物レンタルVASARAでは着付けだけでなくヘアセットも請け負っているので、わざわざ美容室に行く必要ゼロ!あなたに似合う可愛い髪型に美しい着付け!これであなたも着物・浴衣美人になれちゃうかも❤❤



 



気になる方はぜひプラン・値段や着物一覧を確認してみてください!



 



プラン・値段



https://vasara-h.co.jp/plan/



 



着物一覧



https://vasara-h.co.jp/kimono/



 


カテゴリー