京都、浅草着物レンタルVASARAの着物大事典記事詳細 【季節別】着物と帯の組み合わせ

着物レンタルVASARA HOME>着物大事典>着物に関する便利情報>【季節別】着物と帯の組み合わせ

着物大事典

着物に関する便利情報

【季節別】着物と帯の組み合わせ

【季節別】着物と帯の組み合わせ



1月(冬)



着物:裏地のついた袷(あわせ)タイプを用いります。



帯:着物に併せて袷(あわせ)用を用いります。



帯揚げ:綸子(りんず)、絞り(しぼり)、縮緬(ちりめん)などを用いります。



帯締め:袷(あわせ)用を用いります。



長襦袢:綸子など袷(あわせ)用を用いります。



半衿:塩瀬を用いります。



羽織やコート:袷(あわせ)を用いります。



2月(冬)



着物:裏地のついた袷(あわせ)タイプを用いります。



帯:着物に併せて袷(あわせ)用を用いります。



帯揚げ:綸子(りんず)、絞り(しぼり)、縮緬(ちりめん)などを用いります。



帯締め:袷(あわせ)用を用いります。



長襦袢:綸子など袷(あわせ)用を用いります。



半衿:塩瀬を用いります。



羽織やコート:袷(あわせ)を用いります。



3月(春)



着物:裏地のついた袷(あわせ)タイプを用いります。



帯:着物に併せて袷(あわせ)用を用いります。



帯揚げ:綸子(りんず)、絞り(しぼり)、縮緬(ちりめん)などを用いります。



帯締め:袷(あわせ)用を用いります。



長襦袢:綸子など袷(あわせ)用を用いります。



半衿:塩瀬を用いります。



羽織やコート:袷(あわせ)を用いります。



4月(春)



着物:裏地のついた袷(あわせ)タイプを用いります。



帯:着物に併せて袷(あわせ)用を用いります。



帯揚げ:綸子(りんず)、絞り(しぼり)、縮緬(ちりめん)などを用いります。



帯締め:袷(あわせ)用を用いります。



長襦袢:綸子など袷(あわせ)用を用いります。



半衿:塩瀬を用いります。



羽織やコート:単(ひとえ)または袷(あわせ)を用いります。



5月(春)



着物:裏地のついた袷(あわせ)タイプまたは単(ひとえ)タイプを気温や湿度に応じて選び用いります。



帯:着物に併せて袷(あわせ)用を用いります。または絽・麻などを気温や湿度に応じて選び用いります。



帯揚げ:綸子(りんず)、絞り(しぼり)、縮緬(ちりめん)などを用いります。または絽・紋紗などを気温や湿度に応じて選び用いります。



帯締め:袷(あわせ)用を用いります。



長襦袢:綸子など袷(あわせ)用を用いります。



半衿:塩瀬または絽を気温や湿度に応じて選び用いります。



羽織やコート:袷(あわせ)を用いります。または単衣・絽・紗・羅を気温や湿度に応じて選び用いります。



6月(夏)



着物:単(ひとえ)タイプを用いります。



帯:絽・麻などを気温や湿度に応じて選び用いります。



帯揚げ:絽・紋紗などを気温や湿度に応じて選び用いります。



帯締め:レース組などを用いります。



長襦袢:単(ひとえ)や絽・麻を用いります。



半衿:絽を用いります。



羽織やコート:絽・紗・羅を気温や湿度に応じて選び用いります。



7月(夏)



着物:麻・薄物(うすもの)タイプを用いります。



帯:絽・麻などを気温や湿度に応じて選び用いります。



帯揚げ:絽・紋紗・紗などを気温や湿度に応じて選び用いります。



帯締め:レース組などを用いります。



長襦袢:絽・麻を用いります。



半衿:絽・麻を用いります。



羽織やコート:絽・紗・羅を気温や湿度に応じて選び用いります。



8月(夏)



着物:麻・薄物(うすもの)タイプを用いります。



帯:絽・麻などを気温や湿度に応じて選び用いります。



帯揚げ:絽・紋紗・紗などを気温や湿度に応じて選び用いります。



帯締め:レース組などを用いります。



長襦袢:絽・麻を用いります。



半衿:絽・麻を用いります。



羽織やコート:絽・紗・羅を気温や湿度に応じて選び用いります。



9月(秋)



着物:薄物または単衣(ひとえ)タイプを用いります。



帯:着物に併せて袷(あわせ)用を用いります。または絽・麻などを気温や湿度に応じて選び用いります。



帯揚げ:綸子(りんず)、絞り(しぼり)、縮緬(ちりめん)などを用いります。または絽・紋紗などを気温や湿度に応じて選び用いります。



帯締め:袷(あわせ)用を用いります。



長襦袢:綸子など袷(あわせ)用または単を用いります。



半衿:塩瀬または絽を気温や湿度に応じて選び用いります。



羽織やコート:絽・紗・羅を気温や湿度に応じて選び用いります。



10月(秋)



着物:裏地のついた袷(あわせ)タイプを用いります。



帯:着物に併せて袷(あわせ)用を用いります。



帯揚げ:綸子(りんず)、絞り(しぼり)、縮緬(ちりめん)などを用いります。



帯締め:袷(あわせ)用を用いります。



長襦袢:綸子など袷(あわせ)用を用いります。



半衿:塩瀬を用いります。



羽織やコート:袷(あわせ)を用いります。



11月(秋)



着物:裏地のついた袷(あわせ)タイプを用いります。



帯:着物に併せて袷(あわせ)用を用いります。



帯揚げ:綸子(りんず)、絞り(しぼり)、縮緬(ちりめん)などを用いります。



帯締め:袷(あわせ)用を用いります。



長襦袢:綸子など袷(あわせ)用を用いります。



半衿:塩瀬を用いります。



羽織やコート:袷(あわせ)を用いります。



12月(冬)



着物:裏地のついた袷(あわせ)タイプを用いります。



帯:着物に併せて袷(あわせ)用を用いります。



帯揚げ:綸子(りんず)、絞り(しぼり)、縮緬(ちりめん)などを用いります。



帯締め:袷(あわせ)用を用いります。



長襦袢:綸子など袷(あわせ)用を用いります。



半衿:塩瀬を用いります。



羽織やコート:袷(あわせ)を用いります。


カテゴリー