京都、浅草着物レンタルVASARAの着物大事典記事詳細 袋名古屋帯

HOME>着物大事典>帯の種類>袋名古屋帯

着物大事典

帯の種類

袋名古屋帯

袋名古屋帯は、芯なしでかがるだけの手軽な帯です。

袋名古屋帯には、いくつも名称があり、八寸帯、八寸名古屋帯、かがり帯などと呼ばれます。名古屋帯を同じように、仕立てをする前の帯は丸巻きで販売されていますが、綴れ織り(つづれおり)、紬、博多織など地厚の織り帯なので、仕立てる際には帯芯を使いません。

「袋」という言葉がついていますが、袋帯と名古屋帯のよいところをとったという意味で、袋名古屋帯は袋状になっていません。一枚仕立ての単衣帯です。

昭和初期に考案され、軽さと締めやすさで人気になり、普及しました。

名古屋帯には染め名古屋と織り名古屋があり、季節によって素材が変わります。夏は絽の染め名古屋帯などが人気です。

カテゴリー