京都、浅草着物レンタルVASARAの着物大事典記事詳細 着物で楽しめる、おすすめの京都文化体験を紹介!

HOME>着物大事典>きものコラム>着物で楽しめる、おすすめの京都文化体験を紹介!

着物大事典

きものコラム

着物で楽しめる、おすすめの京都文化体験を紹介!



外国の方にも「クール」と絶賛され、大人気の日本文化ですが、今、日本人である私たちの間でも日本文化を味わうことに関心が高まっています。

京都では、茶道、華道など良く知られたものから、舞妓さんとのお座敷遊び体験、香道など、ちょっと身近でないものまで、様々な文化体験を味わうことができます。

それらを是非バサラの着物を着て味わってみませんか?




着物も日本の誇る素晴らしい文化なので、きっとさらに京都文化への理解が進み、思い出深い体験ができるでしょう。

ここでは、着物で体験できる文化体験とはどういうものか、具体的にご紹介いたします。


■京都文化と言えばこれ!舞妓さんとお座敷遊び体験



京都文化と言うと何を思い浮かべますか?

老若男女、どの世代にも抜群の知名度を誇るのは、「舞妓さん、芸妓さん」ではないでしょうか。

京都では、舞妓さんや芸妓さんとのお座敷遊びが体験できます。




京都に少し詳しい方なら、花街は「一見さんお断り」のお茶屋さんが多いということをご存知で、ハードルが高いと感じられる方もいらっしゃるかも知れません。

それに男性向きの体験では?という誤解も多いです。




しかし嬉しいことに現在では、比較的舞妓さんたちに余裕があるお昼の時間帯を利用して、京都文化を体験できるアクティビティが存在しています。




夜のお座敷体験よりもお値段が手ごろですし、他の体験や観光する時間が取れることも嬉しいメリットです。

そして、男性向きだなんてことは全くありません。

舞妓さんや芸妓さんは、芸事のプロフェッショナルです。

その芸を楽しむのに男性も女性もなく、女性だけで楽しまれる方もたくさんいらっしゃいます。今は女性の方のほうが多いのではないでしょうか。

代表的なプログラムとしては、




芸事(踊りや三味線など)鑑賞。




ランチとお酒をいただきながら、舞妓さん、芸妓さんと会話を楽しむ。




お座敷遊びをする。代表的なものは、「金毘羅ふねふね」です。




舞妓さんと小さな台の上の徳利袴をはさんで向かい合い、「金毘羅ふねふね」を歌いながら、手拍子を打ちます。どちらも徳利袴を取らない場合は手をパー、徳利袴を取った場合はグーを出します。そのルールから先に外れた方が負けです。

 

◇着物で参加する場合の注意点

舞妓さんも芸妓さんも着物姿でお座敷遊びをされますから大きな問題点はないのですが、こちらは着物姿の所作にもお座敷遊びにも慣れていません。

必然的に負ける確率が高いです。

 

お座敷遊びでは、通常特別な事情がない限り、負けた人にお酒を飲ませるルールなので、飲み過ぎと着物にお酒などこぼさないように注意しましょう。

着物を汚してしまった時などあんしんパックに加入していると、お客様のご負担を軽減できるのでおすすめです。




■京都文化の王道、「茶道体験」



京都は、わびさびの象徴である侘茶の文化を形にした千利休が作った庭や侘茶のもう一人の大家である武野紹鴎による茶室があるほど、茶道とは切っても切れない町です。




茶道には、一つ一つの所作に意味があります。

例えば茶室では正座ですが、なぜ正座かと言うとなかなかすぐ動きがとれない姿勢になることで、対面する相手を攻撃することはないですよ、という信頼を表す証なのです。




このような所作の意味も教えていただきながら、リラックスしながらおいしいお抹茶やお菓子をいただく体験も京都ではおすすめです。




◇着物で参加する場合の注意点

こちらも本来着物を着用してのぞむものなので、着物姿で特に問題ありませんが、お抹茶のシミをつけないように気を付けましょう。

着物を汚してしまった時など、こちらもあんしんパックに加入していると、お客様のご負担を軽減できますし、精神的にも安心でおすすめです。




■ちょっと変わった体験を!「お香を聞く体験」




お寺が多く、茶道が盛んな京都は、香りの文化が発展した町でもあります。




お香は「聞く」(聞香)と表されます。

なぜならば、「耳を傾ける」とはよく言いますが、お香は心を傾けて味わうものだから、「聞く」なのです。




普段あまり馴染みのない香木を香炉で炊いて、香りを楽しみます。

中には香りを楽しむだけでなく、その香りの正体を当てるゲーム「組香」体験をする方もいます。




また、そこまで本格的でなくとも良い香り体験がしたいという方は、香木のチップで匂い袋を作る体験がおすすめです。




体験の証として好きな香りで作った匂い袋を持ち帰ることができるのも、良い思い出になるのではないでしょうか。

 

良い香りは、脳に直接働きかけて、ストレスを軽減するとも言われているので、リフレッシュしたい方にはとてもおすすめの体験です。

 

◇着物で参加する場合の注意点

ほとんど心配いりませんが、香りが着物についてしまう可能性があります。

香りなどもあんしんパックに加入していると安心ですよ。




■まとめ

有名なものからちょっと珍しいものまで人気のあるアクティビティばかりをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

京都文化を体験するアクティビティは、日本文化の神髄を教えてくれます。

それは、私たちの中にある奥ゆかしさや美しいものを愛する心、おもてなしの心などに影響を与える大きいものだと思います。




日本の民族衣装である着物姿できりりと決めて、ぜひ京都で素晴らしい文化を体験してください!

きっと、すばらしい感動と新しい発見が待っています。

カテゴリー