京都、浅草着物レンタルVASARAの着物大事典記事詳細 産地と特徴:琉球紅型

HOME>着物大事典>染めの主な産地と特徴>産地と特徴:琉球紅型

着物大事典

染めの主な産地と特徴

産地と特徴:琉球紅型

琉球紅型【りゅうきゅうびんがた】



沖縄で生産される南国色豊かな、多彩で華麗な型染の染物。染織品の宝庫である沖縄のなかでは、唯一の後染めです。もともとは琉球王朝のもとで、王族や身分の高い士族のみに許された衣服でした。



紅型は、日本本土の文様や、沖縄では見られないはずの草花、日本や中国の風などを多く模様に取り入れ、伸びやかに表現している点に特徴があります。文様は、中国の影響も見られますが、雪持ち笹、桜、梅、柳、あやめ、燕、蝶など、日本本土の友禅染と類似するものも多くみられます。しかし、その柄ゆきや色彩は南国特有のものです。また、藍一色で染めたものを藍型(えーがた)とよびます。

カテゴリー