京都、浅草着物レンタルVASARAの着物大事典記事詳細 色留袖

HOME>着物大事典>着物の種類>色留袖

着物大事典

着物の種類

色留袖

五つ紋付きの色留袖は黒留袖と同格で、未婚女性も着ることのできるお祝い用の第一礼装とされています。

黒留袖は染め抜き日向五つ紋と決まっていますが、色留袖は五つ紋(この場合は比翼仕立てにします)のほか、三つ紋や一つ紋をつける場合もあります。紋の数か減ると準礼装になるので、格式のあるお茶会やパーティーなどでも着ることができます。

色留袖は着用範囲の広い着物で結婚式や披露宴で色留袖を着るのは主に親族の女性(新郎新婦の姉妹や祖母やおば)や主賓、来賓となっています。

カテゴリー