京都、浅草着物レンタルVASARAの着物大事典記事詳細 付下げ

HOME>着物大事典>着物の種類>付下げ

着物大事典

着物の種類

付下げ

付下げは訪問着を簡略化したものです。

付下げは訪問着より気軽で、小紋よりは格の高い染め着物です。
訪問着に比べて簡略化されているポイントは模様づけです。基本的に前後の身頃、身頃から袖などの縫い目で模様が繋がっていません。

華美な訪問着が禁止された戦時下に考案された模様づけの方法です。訪問着のような絵羽模様ではなく、着た時に模様が全て上を向くように描かれています。人気が出たために上前の衽(おくみ)と、上前身頃の模様が縫い目でつながるように改善され、付下げ訪問着とよばれる華やかなものもあります。

付下げは模様がポイント的についているシンプルなものや大きく華やかなものなど多種多様。

衿と身頃の模様がつながっていない一般的な付下げ。生地は縮緬(ちりめん)や綸子(りんず)に染められているほか、結城紬や大島紬などをはじめ、作家ものの草木染め紬なども見られます。

カテゴリー