京都、浅草着物レンタルVASARAの着物大事典記事詳細 結城紬【ゆうきつむぎ】 と黄八丈【きはちじょう】

HOME>着物大事典>織りの主な産地と特徴>結城紬【ゆうきつむぎ】 と黄八丈【きはちじょう】

着物大事典

織りの主な産地と特徴

結城紬【ゆうきつむぎ】 と黄八丈【きはちじょう】

結城紬【ゆうきつむぎ】



 



 茨城県結城市、栃木県小山市一帯で織られている絹織物です。経糸、緯糸ともに真綿から引き出す手つむぎ糸を用い、手括りなどで絣糸を作り、地機で織るという伝統的な技法で作られた結城紬は、国の重要無形文化財に指定されました。また、指定技法の地機で織られたもの以外に、高機で織られたものもあります。結城紬の精巧な模様は、亀甲絣または蚊絣でできていて、絣が小さいほど工程は複雑になっていきます。また、無地や縞の紬もあります。



 



 



黄八丈【きはちじょう】



 



 東京都八丈島で古くから織られてきた手織りの絹織物です。光沢のあるしなやかな地と鮮やかな黄色がいちばんの特徴になっています。



 色は黄、茶、黒の三色が基本です。染めに用いる染料は、すべて島内に自生する植物の天然染料三色に限られ、黄色はこぶなぐさ(島名かりやす)、茶色はたぶ(島名まだみ)の木の皮、黒は椎の木の皮から染めています。織りは手織り機による平織か綾織で、模様の多くは縞か格子です。地色を茶色にすると鳶八丈、黒だと黒八丈とそれぞれ呼び名が異なっています。糸は紬糸ではなく生糸を使い、基本は三色ですが、媒染や糸の組み合わせ、織り方で多様な色が表現できます。



 八丈島は昔から絹織物が盛んでした。江戸時代当初は、大奥や大名など上流階級の専用でしたが、町人に着用が許されると江戸を中心に全国で流行しました。江戸末期には、富裕な町人女性が黒衿を掛けて着て人気を集めたといわれています。

カテゴリー