京都、浅草着物レンタルVASARAの着物大事典記事詳細 京都、浅草でレンタルできるレトロ浴衣のおすすめコーディネート

HOME>着物大事典>きものコラム>京都、浅草でレンタルできるレトロ浴衣のおすすめコーディネート

着物大事典

きものコラム

京都、浅草でレンタルできるレトロ浴衣のおすすめコーディネート

京都や浅草などの寺町を浴衣で散策するなら、手軽に浴衣に変身できる着物レンタルバサラを利用するのがおすすめです。これまでは黒や紺、白地に鮮やかなバラやラメといった、目を引く柄が浴衣の主流でした。

しかし、近年は大正ロマンを思わせる、レトロでモダンな柄の浴衣が注目を集めています。

今回はレンタルで着ることができるレトロ浴衣の魅力と、コーディネートのポイントについてご紹介します。


レトロ浴衣とは?

大正時代頃から化学染料が広まると、それまで地味な色柄の着物から、色鮮やかで大胆な絵柄の着物が流行しました。着物と帯の色を合わせずに、あえて逆系統の色を使うオシャレを当時の女性達は楽しんでいたのです。

そんな大正時代の流行を取り入れた浴衣は現代女性の心を掴み、個性的な浴衣コーディネートが流行しつつあるのです。



レトロ浴衣の色や柄の特徴

鮮やかな色使いやシックでシンプルな色使いなど、レトロ浴衣には様々な種類があります。これからレトロ浴衣を試したい方は、どのタイプの柄が好みかをチェックしてみてください。



◇ストライプ地

ストライプをベースにして、大ぶりな花柄やウチワなどのモチーフをデザインしたタイプは、レトロ浴衣の代表格でしょう。ストライプも細いものから太いものまで様々ありますが、細いタイプは見た目がスッキリする効果があります。

また、モチーフなしの細いストライプやマルチストライプは、大人っぽく落ち着いた印象を与えてくれます。



◇大ぶりなモチーフ

地色の面積よりも、花や小物などの大ぶりなモチーフが多く散りばめているタイプです。椿や朝顔、菊、アジサイ、牡丹など、馴染みのある花がよく使われているのも特徴です。

濃いピンクや赤などのビビッドな色使いの物や、白地にパステルカラーの淡い色使いなど、様々な種類があります。



◇市松模様などの格子柄

日本に古来の市松模様などの格子柄も、レトロ浴衣で一般的な柄の1つです。モチーフのない格子柄だけの生地は、シックで落ち着いた印象で、年代問わず着られる柄といえます。

また、格子ベースに花のモチーフをデザインしたタイプもあり、華やかさと落ち着きを兼ね備えたおすすめの柄です。



◇色使いで魅せる幾何学模様

花などのモチーフを一切使わない独特な幾何学模様は、色使いで他の人と差を付けるのに最適な柄です。

ピンクやオレンジといった暖色系と、黒や青などの系統の異なる色使いはカラフルでポップな印象を与えてくれます。また、同系色の幾何学模様は統一感が生まれ、柄の奇抜さが薄れて着やすくなるのも特徴です。



◇シンプルを追求するなら白と藍色の藍染

これまでのレトロ浴衣とは一線を画すのが、色を2色しか使わない藍染生地の浴衣でしょう。昔ながらの浴衣というイメージの藍染ですが、大ぶりなモチーフを加えるとモダンな浴衣に変身します。

浴衣地がシンプルを極めているので、色柄物の帯で彩りを加えると個性的な着こなしを楽しめるでしょう。



レトロ浴衣コーディネートのポイント

これまでの浴衣とは違った魅力を持つレトロ浴衣は、帯の色や小物使いでコーディネートを楽しむことができます。


◇明るい色柄の帯を選ぶ

大正時代の着物のように、レトロ浴衣は地色とは真逆の目を引く色柄の帯を選びましょう。

特に地色が紺や黒、茶といった暗い色には、黄色や赤といったビビッドな色と相性がとても良いです。表裏で色や柄が異なる帯の場合、前面に来る部分を折り、色や柄の違いを見せる結び方もおすすめです。

また、柄が少なく地色が多い浴衣には、派手に見えそうな帯にするとかわいく仕上がりますよ。



◇飾り付きの帯紐でかわいさをプラス

振袖でも使われるような飾り付きの帯紐は、かわいさと華やかな印象をプラスすることができます。特に浴衣生地がシンプルな場合こそ、帯紐に遊び心を持たせるとオシャレ度が増すでしょう。



◇バッグは小ぶりの物を

浴衣と相性が良い、小ぶりな手持ちカゴバッグや巾着は、ほとんどのレンタル店で用意しています。しかし、個性的なコーディネートをしたいなら、手持ちにこだわる必要はありません。カゴのショルダーバッグはレトロ柄と相性もよく、手ぶらで歩けるので実用的でおすすめです。

ただし、大き過ぎるバッグは浴衣との相性が悪いので、デザインよりも大きさに注意しましょう。



◇麦わら帽子でより個性的に

レトロ浴衣は意外にも麦わら帽子と相性がよく、よりモダンでオシャレな印象を与えてくれます。

日中の日差しを日傘で避けるのも良いですが、夏らしい麦わら帽子を取り入れてみてはいかがでしょうか。



◇髪飾りの選び方

浴衣を着るときは髪をアップにして、髪飾りやかんざしで華やかさをプラスするのがとっても合います。髪飾りを付けるときは、浴衣の柄と同系色の色を選ぶことがベターとはいわれています。

しかし、紺や黒などの暗い地色や、色使いが少ない浴衣には、差し色として目を引くような明るい色のものを選ぶのもとってもかわいいです。

また、レトロ浴衣を着る場合は、小さい髪飾りにすると上品で落ち着いた印象になります。



■まとめ

レトロ浴衣とコーディネートについて、おわかりいただけましたか?これまで主流だった柄とは違い、レトロ浴衣は着こなし方で全く違う印象にも出来ます。

浴衣に合わないと思っていた小物でも、レトロ浴衣の柄には合うこともあるのがとっても楽しいです。

是非着物レンタルバサラでレトロ浴衣をレンタルして、人とは違ったオシャレを楽しんでみてはいかがでしょうか?

カテゴリー