京都、浅草着物レンタルVASARAの着物大事典記事詳細 仕上げる

HOME>着物大事典>仕立ての知識>仕上げる

着物大事典

仕立ての知識

仕上げる

仕上げる



染め加工の後、最後の仕上げにかかります。生地によっては、さまざまな加工によって腰がなくなっていることがあります。その場合は、仕立てる前に生地に糊付けをして布を張ります。



この作業は「洗い張り」の中の張りの部分にあたります。「洗い張り」というのは、洗い張りをセットにして呼び、この作業は「洗い張り」の中の張りの部分にあたります。昔は着古したきものをほどいて洗い、糊を付けて板張りをしました。そこから洗い張りという呼び方が生まれたといわれています。



洗った生地を張る方法には、昔ながらの板につけて乾かす「板張り」と、弓形の竹ヒゴを使う「伸子張り」の二種類があり、いずれの場合も水をくぐった布が縮まないように、しわを伸ばして乾燥させます。乾かしながら、刷毛で糊を塗り、艶を出します。



天日干しの場合は、天気のよい日を選んで行います。天気がよすぎて太陽にあたりすぎると、せっかく染めた色が変色する可能性があるので、気が抜けない仕事です。張りをすませ、よく乾かした生地は湯のしをして幅を出し、アイロンをかけて地のしを終え、仕立てをして完成になります。

カテゴリー