京都、浅草着物レンタルVASARAの着物大事典記事詳細 着物の歴史:平安時代の男性女性着付け

HOME>着物大事典>着物の歴史>着物の歴史:平安時代の男性女性着付け

着物大事典

着物の歴史

着物の歴史:平安時代の男性女性着付け

男性の正装・束帯の着付け



1.肌着(小袖)を着る。



2.大口袴(表袴の下にはく袴)をはき、単と衵(表着と単の間に着るもの)を着る。



3.表袴(足首の長さまでの袴)をつける。



4.下襲(半臂の下に着るもので、前より後ろが長い)を着る。



5.半臂(袖の短い衣服)を着る。



6.(表着)を着て、石帯(石飾りのある黒塗りの革帯)を結ぶ。



 



女性の正装・十二単の着付け



1.肌着(小袖)を着て、紅の袴をはく。



2.単を着る。



3.(単と表着の間に着るもの)を着る。



4.袿を何枚か重ね(中世以降は5)、打衣を着る。



5.表着(複数の色で模様が表されている)を着る。



6.唐衣(袖のやや短いもの)を着て、裳(後ろに長く引く下衣)をつける。

カテゴリー