京都、浅草着物レンタルVASARAの着物大事典記事詳細 着物の歴史:明治時代

HOME>着物大事典>着物の歴史>着物の歴史:明治時代

着物大事典

着物の歴史

着物の歴史:明治時代

明治時代



「西洋化が進む中、「小袖」を受け継ぐきものを着用」



明治維新によって、政治体制だけでなくさまざまなものが大きく変化しましたが、人々の生活や文化が一気に変わったわけではありません。衣装においては、まずは公的な立場にある男性の服飾に洋装が導入され、かなりの時間差をもって女性にも導入されていきました。身分の高い旧大名家や公家女性による鹿鳴館での洋装姿はその代表といえます。



 旧町人階級を中心とするほとんどの女性は明治時代になっても「小袖」を受け継ぐ「きもの」を着用しており、その基本的様式は江戸時代後期におけるものと大きく変わるものではありませんでした。化学染料はわずかではありますが幕末期から導入されており、これが実質的な定着を見せた明治時代は、江戸時代以来の伝統的な柄を化学染料で表したものが女性の着物の主流となっていきました。



  明治時代の女性の着物には、次の二つの様式が見られます。一つは江戸時代後期の中流町人女性の小袖様式を受け継いで明治時代前期に流行した様式です。鼠色を基調とする地味な地色の縮緬や平絹地に、友禅染を中心に刺繍を併用して褄模様や裏模様を表した着物で、繊細な風景模様が見られますものが多く、暗く地味な地色が若い女性の振袖にも躊躇なく用いられている点が大きな特徴といえます。



 もう一つの様式は、江戸時代後期の富裕な町人女性の小袖を受け継いだもので、主に振袖や打掛に見られる様式です。縮緬地に刺繍と摺疋田で松竹梅の立木に鶴亀を表した、いわゆる「蓬莱模様」の打掛や、繻子地に刺繍のみで吉祥模様を表した打掛などがあります。それらの多くは婚礼衣装として用いられたといわれています。



 「丸帯」



広帯に織られた生地を二つ折りにして仕立てた帯。帯幅が広くなった江戸時代中期から用いられています。



「女学生の袴姿」



平安時代に上流階級の女性が袴をはいていましたが、明治時代になって、新しい学問を学ぶ女学生の間で襠高袴が流行しました。また、華族女学校でえび茶色の襠なし袴が流行ったのをきっかけに、女学校の制服に茶色や紺、紫などの袴が採用されるようになりました。今日でも大学生の卒業式に用いられています。



「紋付・羽織袴」



男性の礼服、黒羽二重の染め抜き五つ紋付に羽織・袴が正装として認められたのは、明治維新後に裃が廃止されてからのことです

カテゴリー