京都、浅草着物レンタルVASARAの着物大事典 帯の種類トップ

HOME>着物大事典>帯の種類

着物大事典

帯の種類

兵児帯

兵児帯は、一枚の布のような気軽な帯です。 もっとも手軽に結べる帯が、この兵児帯で一枚の布のような作りです。 もともと男子や子供の普段着に締める帯で...

続きを読む

半幅帯

半幅帯は、帯結びが楽にできる幅の狭い帯です。 帯幅は時代とともに変化してきました。十二単に用いられていたのは二寸幅(約7.6センチ)ですが、能装束の帯幅...

続きを読む

袋名古屋帯

袋名古屋帯は、芯なしでかがるだけの手軽な帯です。 袋名古屋帯には、いくつも名称があり、八寸帯、八寸名古屋帯、かがり帯などと呼ばれます。名古屋帯を同じよう...

続きを読む

名古屋帯

名古屋帯は、利用範囲の広い洒落着用の帯です。 大正時代に考案されて以来、もっとも女性に親しまれてきた帯です。仕立てる前の幅が九寸(約34センチ)なので九...

続きを読む

袋帯

袋帯はもっとも一般的なフォーマル帯です。 丸帯にかわって、明治時代以降に考案された袋帯は、以来正装用の帯として用いられてきました。袋状に織られていたこと...

続きを読む

カテゴリー